【明治安田J1 第7節】仲間隼斗とオルンガが3戦連発の柏レイソルが3連勝!首位の川崎フロンターレはまたも逆転で連勝を6に伸ばす

2020年7月26日(日)

札幌 3-1 横浜FM|札幌ドーム


横浜FMが15分に天野純の先制ミドルでリードするも、札幌はその直後の16分に駒井善成が同点弾、18分には荒野拓馬(写真)が追加点を挙げて、わずか3分間で逆転!89分には荒野のヒールパスから金子拓郎がJリーグ初得点となるダメ押し点を奪い、4試合ぶりの勝利を収めました。

横浜FC 0-2 浦和|ニッパツ三ツ沢球技場


均衡を破ったのは浦和。52分に関根貴大のスルーパスで抜け出したレオナルド(写真)がゴールネットを揺らして先制。90+3分にはエヴェルトンが勝利を大きく引き寄せる追加点。浦和が連敗を2で止め他のに対し、横浜FCは3連敗となりました。

清水 4-2 大分|IAIスタジアム日本平


41分に左CKからファン ソッコ(写真中央手前)の先制ヘッドでリードした清水は、その後もセットプレーからカルリーニョス ジュニオ、立田悠悟、ヴァウドが次々と追加点。終盤、大分に2点を返されるも、待望の今季初勝利を収めました。大分は3連敗を喫しました。

鹿島 2-2 FC東京|県立カシマサッカースタジアム


鹿島が34分にエヴェラウド(写真左)のゴールで先制するも、前半終了間際にFC東京はCKから渡辺剛と森重真人が立て続けに頭で押し込んで一気に逆転。しかし、鹿島は交代出場の土居聖真(写真右)が技ありの同点ボレーを流し込んで引き分けとなりました。

5-1 仙台|三協フロンテア柏スタジアム


20分に仲間隼斗(写真左)の3試合連続ゴールで先制した柏は、オルンガ(写真右)も負けじと3試合連続得点となるハットトリックを達成。86分には瀬川祐輔が5点目を決め、圧倒的な攻撃力を見せつけて3連勝を飾りました。仙台は今季初の連敗を喫しました。

川崎F 3-1 湘南|等々力陸上競技場


57分、タリクの華麗なオーバーヘッドシュートで湘南が先制。しかし、川崎Fは61分に古巣対戦となる山根視来(写真中央)の2試合連続得点で反撃の狼煙を上げると、78分の三笘薫、88分の田中碧の連続得点で逆転。2試合連続の逆転勝利で連勝を6に伸ばしました。

神戸 0-2 G大阪|ノエビアスタジアム神戸


G大阪は62分に小野裕二のゴールで先制。この得点直後、神戸が猛反撃でゴールに迫るもGK東口順昭がビッグセーブを連発。86分には宇佐美貴史(写真)が目の覚めるようなミドルシュートを突き刺して勝負を決め、4連勝で2位に浮上しました。

鳥栖 1-1 C大阪|駅前不動産スタジアム


51分、今季初先発となった石井快征が狙い澄ました一撃でJリーグ初得点を決めて鳥栖がリード。追うC大阪は、75分に坂元達裕が鮮やかな同点をねじ込んで追い付くも、互いに譲らずドローに終わりました。

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報