【G大阪 vs 川崎F】新たな力をガンバ大阪にもたらした小野裕二。チームのために、走り、戦い、勝利を目指す

2020年7月31日(金)


「僕のゴールというよりチームで取ったゴール。チームとして左から右に展開して、また左に戻して決める、という流れも良かったし、瑠(高尾)がすごくいい質のパスをくれたので決められてよかった。ガンバにきて初めてゴールを決めることができて、何よりチームが勝利できたのは自分にとってもすごく大きなこと。これを続けていきたい」

前節のヴィッセル神戸戦後、移籍後初ゴールを決めた小野裕二は、声を弾ませた。明治安田生命J1リーグが再開してから6試合目。毎試合、出場時間に限らず、ゴールへの欲、勝利への執念が漲るハイパフォーマンスを示していただけに、ファン・サポーターにとっても、本人にとっても待望の一撃だったことだろう。小野の先制後、試合を決定づける2点目を奪った宇佐美貴史も小野のパフォーマンスを絶賛している。

「裕二(小野)とはプレーの系統というか、自分たちが好むサッカーの哲学も割と似通っているし、プレー面でも言葉はなくとも分かり合えるところも多い。またメンタリティのところでもチームにプラフアルファを落とし込んでくれている。プレーの局面において悔しさを表情に出すとか、ボディランゲージでもはっきりと彼のメンタリティは伝わってくるし、そこはこれまでのガンバにはいなかったタイプだと考えても本当に頼りになるなと思って見ています」

そうしたメンタリティの強さを再認識したのは7月8日に戦った名古屋グランパス戦だ。前日には左眼窩底の骨折が発表されたことから離脱を予想したが、小野は涼しい顔で、名古屋戦に先発出場。入場時にはつけていたフェイスガードもすぐに外し、試合後には「25年くらいサッカーをしてきてここにボールや頭が当たることは、たま〜に、あるくらいだったので確率的には当たらないかなと思っていました」と言ってのけた。

もっとも、これは単にケガを推して出場した事実を讃えているわけではない。この先の連戦を考えても、本当に無理だと感じたなら、あるいはドクターからそう判断が下ったなら、素直に出場を断念しただろう。だが、プレーできるとなった以上は「100%の自分で臨む」という信念に揺らぎはなく、ピッチに立った61分間、彼は一切の躊躇も、恐れも感じないプレーで相手と向き合い、チームのために走り続けた。

「僕はここにタイトルを取るためにきました。だからこそ、チームを勝たせられるようなゴールやアシストをたくさん決めたい」

再開を前に話していたその言葉のままに、だ。
その思いは、今も抱き続けている。いや、敢えてそのことを誇張しなくても、彼がピッチで示すパフォーマンスがそれを証明してくれるに違いない。


文:高村美砂(G大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 第8節
8月1日(土)19:00KO パナスタ
ガンバ大阪 vs 川崎フロンターレ
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪)
みんなの総合評価 (4.8)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (4.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報