【水戸 vs 東京V】頼れるコンダクター。木村祐志が若きチームを司る

2020年8月15日(土)


頼れる男が帰ってきた。

明治安田生命J2リーグ 第2節群馬戦で足首を負傷し、戦列を離れることに。それから約1カ月、第10節岡山戦でピッチに立つと、第11節京都戦でついに先発復帰を果たした。

若い選手の多いチームにおいて、経験豊富な木村の存在は大きい。それをあらためて痛感させられた。守備時にはダブルボランチの一角として、攻撃時にはインサイドMFとしてプレー。試合の流れに応じて的確な動きでチームに勢いをもたらした。

そして、スピードを重視した攻撃の中で中盤でタメを作る役割をまっとう。攻撃にアクセントを加えることによって、さらに攻撃の勢いを生み出した。自ら輝くだけではなく、周りを輝かせながら、攻撃に彩を与えていった。

64分の同点ゴールも木村のプレーから生まれた。相手が前がかりになった隙を突いて、中盤からドリブルで持ち上がり、カウンターを仕掛けた。そして、木村から左サイドの深堀隼平へパスが送られ、深堀から中央の山口一真へ。強烈なシュートはGKにはじかれるも、こぼれ球を中山仁斗が押し込んでゴールネットを揺らした。

「(木村は)サッカーIQが高く、周りを巻き込む経験値やコントロール力を持っている」。秋葉忠宏監督は木村を称えた。そして、こう続けた。「水戸にとって貴重な選手です」。

今季、先発した2試合は1勝1分。「祐志が出た試合は勝点の数が多い。彼はそういう選手です」と秋葉監督は全幅の信頼を置く。

ピッチ内のコンダクター。今節も勝利のために、チーム全体を司る。


文:佐藤拓也(水戸担当)


明治安田生命J2リーグ 第12節
8月16日(日)19:00KO Ksスタ
水戸ホーリーホック vs 東京ヴェルディ
ケーズデンキスタジアム水戸(水戸ホーリーホック)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.3)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報