【G大阪 vs 浦和】『丁寧にプレーすること』によって生まれる、東口順昭のビッグセーブ。

2020年8月18日(火)


明治安田生命J1リーグ再開から8試合。全てにフル出場しながら何度もチームのピンチを救い、勝利を後押ししてきた。もっとも本人は涼しい顔。過度に気負うこともなければ、ハードスケジュールに疲れを見せる様子もない。
「感覚的には全然、大丈夫です。フィールドの選手に比べたら運動量も少ないし、勝っている試合も多い分、疲れがそこまで残らないのかも。『スロースターター』と言われる僕らにとって、このスタートダッシュは間違いなく珍しいことやから、後が怖いくらいかな(笑)。でも、基本的にツネさん(宮本恒靖監督)が目指すサッカー、意図するプレーもみんなが理解してやれているし、夏場の厳しい中でもしっかり戦えている。選手層の厚みも出てきているので、あとは『結果』を継続することでより勢いに繋げていければと思います」

今シーズンは特に『丁寧にプレーすること』を心がけている。これは、足の出し方、動かし方、体の向き、目の動き、手の出し方、コーチングなど、1つ1つのプレーを無駄なく、的確に行うということ。当然ながら、試合の中では失点シーンも含めて「個人的には悔やまれる判断になってしまったこともある」そうだが、自分に納得のいかないプレー、反省や課題を残したプレーは、動きだけではなく自分の感覚の部分までをも含めてしっかり見直し、考え、改善を求めてきた。ビッグセーブは、そうした日々の積み重ねによって生まれたものだ。
「練習は嘘をつかない。やったらやったぶんだけ結果になって自分に返ってくる。そう信じてやり続けるのみ。あとはしっかり休んで、しっかり食べて、よく眠る。その積み重ねが必ず力になっていくから」

ガンバ大阪に加入して7シーズン目。J1リーグでの出場試合数は、チームでは遠藤保仁、渡邉千真についで3番目、291試合を数える。節目の300試合達成を前に、この数字について尋ねると「大卒で、5回も手術をしたことを思えば、よくここまでこれた (笑)」と東口。もっとも、本人はまだまだその数字を伸ばすつもりでいる。
「こうした状況でもサッカーの試合ができること、プレーを見てもらえる環境があることに感謝しながら、支えてもらっている人、応援してくれている人たち全てに、その感謝の気持ちを勝利として届けられるように戦い続けます」

今節戦う浦和レッズとの対決において、注目を集めるのがライバルであり、お互いを刺激しリスペクトしあう存在でもある浦和レッズのGK西川周作との同級生対決。毎回、ビッグセーブの応酬は見応えも迫力も満点で「それが自分の刺激になっているところもある」と話す。もっとも、最終的な『結果』を譲る気はさらさらないが。


文:高村美砂(G大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 第11節
8月19日(水)19:00KO パナスタ
ガンバ大阪 vs 浦和レッズ
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪)
みんなの総合評価 (4.8)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (4.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報