【G大阪 vs FC東京】古巣を相手に、昌子源が示した輝きとプライド。

2020年8月28日(金)


「今はブーイングとかもできない環境なので『アウェイ感』は感じなかったですが、ウォーミングアップの時には少し今までの試合前とは違う感情がありました。緊張ではないけど、どこかフワッとした感じの…懐かしいなっていうのもあるし、違和感はすごくありました」

前節の鹿島アントラーズ戦。初めての古巣戦を終えた試合直後に昌子源が話していた言葉を聞きながらキックオフ直後のシーンを思い返していた。試合開始の笛が鳴って10秒を過ぎたくらいのプレーだ。相手のDFラインから縦に送り込まれたロングボールを昌子が頭でクリア。そのボールが寄せてきていた相手FWエヴェラウドの頭にあたり裏にこぼれてしまう。GK東口順昭がすかさずカバーに飛び出して事なきを得たが、彼にしては珍しいシーンに、どことなく心のざわつきを見た気がしていた。

もっともこの日、彼の『古巣戦』への特別な思いを感じたのはこの1シーンのみ。以降は3バックの真ん中にポジションを取り、安定したパフォーマンスを示し続けた。皮肉にもこの日のガンバ大阪は先制点を奪ったあと守勢に回る展開が長く続いたことから、より『守備』が目立つ結果となったが、得意とする1対1はもちろん、シュートブロックにしても、インターセプトにしても、広く目を配った隙のないプレーを展開。3バックを形成した三浦弦太とキム ヨングォンらと『鉄壁』を築いた。

「鹿島は、プロになってからずっとお世話になった特別なチーム。でもだからこそ、勝ちたいし、だからこそしっかりと自分がプレーしているところを見せたい」

試合前日に話した言葉のままに、全てが「勝ちたい」という気迫に溢れたパフォーマンスだった。

それだけに、終了間際の失点には「この戦い方をするなら引き分けて終わるのと、勝って終わるのとでは全く感情が違う。最後の結果は非常に残念」と悔しさをにじませたが、それでもガンバに加入後、公式戦4試合目にして、日本代表でも示してきたような輝きが見られたのは、彼にとってもチームにとっても大きな収穫だ。この一戦限りでの引退を発表していた鹿島の内田篤人も試合後、「どうしても勝点3は欲しかったですけど、ガンバも本当にいい相手で、しっかりした守備で、源(昌子)を中心に手強い相手でした」と賛辞を送った。
ちなみに、冒頭に書いたシーンについて後日、昌子に尋ねてみた。

「味方、相手の動きまで、いろんな状況を視界に捉えていた中で、クリア後のプレーをイメージして、クリアする方向を選択したんですが、エヴェラウドに当たった瞬間は『あ、やばっ』と。後ろからヒガシくん(東口順昭)が出て来てくれてマジで助かりましたが、敢えて謝らずに、全く慌てていない感じで親指を立てるだけにとどめました。あそこで『ヒガシ、ゴメン!』って言っちゃうと相手にミスやなって伝わってしまうし、それはディフェンダーとして弱みを見せることにも繋がりかねないから。緊張は…なかったはず…いや、そう言われてみたら、多少気負ってたんかな(苦笑)」

本当のところは昌子にしかわからない。ただ、いずれにせよその言葉に、彼のセンターバックとしての細かな『技術』を垣間見た。


文:高村美砂(G大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 第13節
8月29日(土)19:00KO パナスタ
ガンバ大阪 vs FC東京
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪)
みんなの総合評価 (4.8)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (4.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報