【明治安田J1 第18節】鹿島アントラーズが劇的勝利で7連勝、首位・川崎フロンターレは6連勝!上位対決は3位のFC東京が制す

2020年9月23日(水)

 

札幌 0-1 柏|札幌ドーム

均衡が破られたのは52分。三原雅俊のFKを大谷秀和が頭で押し込んで柏が先制。先制を許した札幌はジェイら攻撃陣を次々と送り込むも、最後まで柏の守備を破ることはできず。柏が競り勝って3試合ぶりの勝利を挙げました。

鹿島 1-0 湘南|県立カシマサッカースタジアム

スコアレスドローが濃厚かと思われた90+4分、鹿島は途中出場のファン アラーノ(写真)が2試合連続ゴールとなる殊勲の決勝点を奪取。劇的な白星で破竹の7連勝を飾り、暫定4位に順位を上げました。湘南は連敗で最下位脱出はなりませんでした。

FC東京 2-0 C大阪|味の素スタジアム

3位のFC東京と2位のC大阪の上位対決は、63分にディエゴ オリヴェイラが狙い澄ました一撃を決めてFC東京が先制。その3分後には途中出場のアダイウトンがこぼれ球を押し込んで追加点を奪って3試合ぶりの勝利。C大阪は今季初の連敗を喫しました。

川崎F 3-2 横浜FC|等々力陸上競技場

首位の川崎Fは1点リードで迎えた46分に旗手怜央が追加点を挙げるも、横浜FCも2分後に小林友希が即座に反撃弾。それでも川崎Fは67分に旗手のこの試合2点目で再び2点差とし、74分に佐藤謙介のゴールで1点差に詰め寄られるも逃げ切りに成功。神奈川ダービーを制し、6連勝を果たしました。

G大阪 2-1 名古屋|パナソニック スタジアム 吹田

21分、金崎夢生の2試合連続ゴールで名古屋が先制。G大阪は、53分に山本悠樹がFKから同点弾をねじ込んで反撃の狼煙を上げると、87分には宇佐美貴史が値千金の逆転ゴールを奪取し、今季2度目の連勝となりました。

神戸 4-3 鳥栖|ノエビアスタジアム神戸

神戸が常にリードする展開ながら鳥栖が2度追いつく展開で2-2の同点に。神戸は古橋亨梧が55分、68分と連続ゴールを決めると鳥栖の再反撃を1点に抑えて逃げ切りに成功。壮絶な打ち合いを制し、リーグ戦8試合ぶりの白星を挙げました。

大分 0-2 広島|昭和電工ドーム大分

互いに決め手を欠く中、広島は70分にドウグラス ヴィエイラのスルーパスから森島司が決めて先制に成功。86分にはドウグラス ヴィエイラが勝利を大きく引き寄せる追加点を挙げ、3試合ぶりに勝点3を積み上げました。大分の連勝は3で止まりました。

横浜FM 3-1 仙台|日産スタジアム

10分にアレクサンドレ ゲデスのゴールで仙台が先制するも、横浜FMは41分にマルコス ジュニオールの得点で同点に追い付くと、エリキが70分、75分とゴールを重ねて逆転し、今季2度目の3連勝を飾りました。仙台は無念の5連敗となりました。

清水 1-2 浦和|IAIスタジアム日本平

浦和は21分に山中亮輔の強烈な先制ミドルでリードすると、59分には興梠慎三が貴重な追加点を奪取。清水は90+1分にティーラシン デーンダーが1点を返すも及ばず。浦和が接戦を制し、2試合ぶりの勝利を収めました。

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報