J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【山形 vs 東京V】岡﨑建哉、紆余曲折の強さ

2020年10月23日(金)


石丸清隆監督が、「ボランチに求めたい点は?」と聞かれたことがある。自らも現役時代にプレーしたポジションについての回答を、少し長くなるが引用する。

「ボランチはやっぱり、絶対失わないことですよね。局面的に360度あって、どこにも逃げ道があるというところを考えているので、そのなかで、相手が自分のところにプレッシャーに来てくれると、ほかの選手が空いてくる。そこが一番おもしろいところかなというふうには考えていて、どんどんボールをもらって周りの選手をラクにするという役割、パイプ役ですよね。常に自分のところにボールが集まるようなプレーをしつつ、味方の選手をどんどんラクにしていくという役割を持ってもらいたいなと思っています」

パススタイルのチームに大変身した山形で、岡﨑建哉がまさにそうした役割を担っている。もう一方のボランチ、中村駿がワンタッチの速いパスで全体のスイッチを入れるタイプだとすれば、岡﨑はもう少し曲線的なタイプ。いい距離感の味方とパスの出し入れをしながらも、じつは一発で味方をフィニッシュに導くパスを狙っている。

山形加入2年目。昨季はわずか5試合の出場に終わっている。
「去年1年間、本当に苦しい思いしか自分のなかではしていなかったので、少しサッカーの試合から離れ過ぎてて自分のなかで少し迷いがあったのを、今年は心機一転、キャンプから新たな気持ちで取り組めているのがいまにつながってるかなと思う」

第5節・群馬戦では前半だけで3失点。自らの消極的なプレーも要因となったこともあり、ハーフタイムで交代を命じられた。取り返しのつかないような試合をしたあと、しかし、次のチャンスは3試合目にやってきた。
「自分はすごい不甲斐ない試合をして、そのなかでまたチャンスをもらえたという感謝じゃないですけど、そんな情けないプレーしていたらダメだなと思って、あれからはやっています」

順風満帆ではないからこその強さが、いまの岡﨑からは感じられる。


文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第29節
10月24日(土)14:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs 東京ヴェルディ
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.9)
  一覧  

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報