【徳島 vs 新潟】アンストッパブル! 渡井理己

2020年10月24日(土)


渡井理己、驚愕のドリブル。いまに始まったことではないが、容易には止められない。

そして、今節・新潟戦。両陣営とも10番のドリブルは観る価値がある。

徳島は渡井理己、新潟は本間至恩。タイプの異なるドリブラー対決だが、どちらも将来有望な選手であることに疑いはない。好みは観る人次第。この直接対決、ぜひとも現地で観たい。

「本間選手は自分から仕掛けて、自分のタイミングで勝負できるタイプ。僕は相手を観ながらプレーするというか、相手の重心やタイミングを観て外すタイプ」(渡井)。

渡井のドリブルがより輝きを放つようになった要因の1つとして、チームの成熟度も関係しているようだ。「味方が居て欲しい所に居てくれる感覚があります。流動的なポジションを取る中で、前半戦と比べてもそこに誰が入るのかというイメージが共有できています」と連携が高まる。その中で「ドリブルをしながら相手のカバー枚数であり、相手の立ち位置も観えるようになってきました。ここで仕掛けたら奪われてカウンターを受けるだろうということも判断できています」。

渡井について、パスを供給する機会の多い小西雄大にも尋ねた。「ファーストタッチもすごいですけど、それよりも良い所にいつもポジションを取っていること」について言及する。確かにいろんな場所に顔を出しており、ポジションチェンジを繰り返し続ける戦術の中でも常に最適解を見出す。ピッチで動き回りながら全体図を俯瞰で捉えるようにポジショニングできる能力はどこから来るものなのか。

毎試合、驚きしかない。今節も「うわっ!」と心を鷲掴みにしてくれること間違いなし。緻密で繊細。かつ、大胆な渡井のいまを見逃すなかれ。


文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第29節
10月25日(日)14:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs アルビレックス新潟
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報