【明治安田J1 第24節、第28節】接戦を制したガンバ大阪が2位に躍り出る!浦和レッズは鮮やかな逆転でセレッソ大阪を下す

2020年10月24日(土)

 

札幌 3-0 横浜FC|札幌ドーム

札幌は16分にアンデルソン ロペスの先制ゴールで均衡を破ると、79分にドウグラス オリヴェイラが追加点。さらに途中出場の金子拓郎が87分に3点目を奪って突き放し、久々の連勝を果たしました。横浜FCはシュート3本に終わり、3試合ぶりの黒星となりました。

鹿島 1-0 広島|県立カシマサッカースタジアム

76分、鹿島は三竿健斗からのロングフィードを受けたエヴェラウドがDFラインを突破して放った強烈なシュートがゴールネットを揺らして先制点。これが決勝点となり、鹿島が手堅く勝点3を積み上げました。広島のアウェイ3連勝はなりませんでした。

名古屋 1-0 仙台|パロマ瑞穂スタジアム

名古屋は65分にこぼれ球を拾った稲垣祥が放ったシュートが椎橋慧也に当たってコースが変わってゴールイン。この先制点で競り勝って連敗を2で止め、ホーム6連勝を飾りました。仙台はシュート1本に抑えられ、未勝利は14試合に伸びました。

G大阪 2-1 柏|パナソニック スタジアム 吹田

52分にオウンゴールで先制点を許した柏は、80分に得点ランキング首位のオルンガの今季23点目となる同点弾で試合を振り出しに。しかし、G大阪は89分にアデミウソンが値千金の決勝点を奪って競り勝ち、2位に浮上しました。

浦和 3-1 C大阪|埼玉スタジアム2002

3連勝を狙うC大阪は、豊川雄太の2試合連続得点で28分に先制。対する浦和は34分に興梠慎三の同点PKで追いつくと、44分に山中亮輔がゴールを挙げて前半の内に逆転。さらに71分にマルティノスが3点目を決め、浦和が鮮やかな逆転勝利を飾りました。

FC東京 0-4 横浜FM|味の素スタジアム

FC東京が主導権を握るも無得点で折り返すと、横浜FMは54分、56分とジュニオール サントスの連続得点で一気に2点をリード。アディショナルタイムにも攻撃の手を緩めず2点を追加して大勝を収めました。FC東京は今季初の連敗で暫定4位に後退となりました。

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報