【鳥取 vs C大23】「この流れを断ち切らないように」連勝と昇格に向け、5試合ぶりの無失点を目指すGK田尻健

2020年10月29日(木)


10月25日の明治安田生命J3リーグ第23節。藤枝MYFCと対戦したガイナーレ鳥取は前半に先制したものの、83分に追い付かれていたが、1-1で迎えた後半アディショナルタイムの90+1分、DF石井光輝が勝利に大きく近づく勝ち越し点を決めた。

DAZN中継では石井を中心とした喜びの輪が映し出されたが、映っていない最後尾ではGK田尻健も喜んでいた。飛び上がるほどではなかったというが、「引き分けで終わるかもと思っていたので、すごくうれしかった」と振り返る。それでも、すぐに「しっかり試合を終わらせなければ、と思っていた」と気持ちを引き締め、2-1で4試合ぶりの勝利をつかんだ。

第22節まで3試合未勝利だった鳥取は、そこまでの7試合で1勝1分5敗と勝点を伸ばせず、徐々に順位を下げていた。今回の勝利で、順位は7位で変わらなかったものの、J2昇格圏内の2位・AC長野パルセイロC長野との勝点差は5に縮まっている。田尻も「勝って流れを変えることができたのはよかった。一度追い付かれたことは反省材料で、もっとやらなければいけないことはありますが、2位との勝点差が縮まり、あらためてチームのみんなに火がつくんじゃないか」と今後に目を向けた。

次節はセレッソ大阪U-23と対戦する。ジュニア時代から昨季までガンバ大阪でプレーした田尻にとっては永遠のライバルだが、「少し意識はしますが、絶対に負けたくないという気持ちは毎試合、変わらない」。それよりも前節でつかんだ勢いの持続を目指し、「この流れを断ち切らないように、連勝することだけを考えてやっていきたい」と意気込む。

藤枝戦の失点を「防ぐことができた」と語り、まずは5試合ぶりの無失点を目指す。その先に連勝と、J2昇格が見えてくる。


文:石倉利英(鳥取担当)


明治安田生命J3リーグ 第24節
10月31日(土)13:00KO Axis
ガイナーレ鳥取 vs セレッソ大阪U−23
Axisバードスタジアム(ガイナーレ鳥取)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.5)
イベント充実 (3.4)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報