【浦和 vs G大阪】武藤雄樹、チーム浮上の助演男優賞

2020年11月21日(土)


今シーズンのゴール数はわずかに2得点。1試合平均のシュート数は1.0本。単純に点取り屋として評価されるなら、物足りない数字だ。だが、それでも武藤雄樹が浦和のスタメンに名を連ねるのには理由がある。

というより、背番号9の存在があるから、今の浦和の戦い方が成立している部分も大きい。今季の浦和は前向きな姿勢でボールを奪い、できるだけ相手の守備が整う前に素早くゴールを目指すことを基本軸としているが、その際にエースの興梠慎三と中盤、DFラインの間に入ってリンクマンとして機能しているのが武藤である。

守から攻に切り替わった瞬間、相手DFとMFのライン間やギャップ、サイドのスペースに素早く立ち位置を取り、中盤や最終ラインから迅速にボールを引き出す。そして、興梠や味方、敵の動きも見て、時間を作るのか、フリックで素早く崩しにかかるのか、サイドに展開するのかといった判断を的確に下す。

レオナルドとコンビを組んだ時にも2トップの機能性が高まっていたことからも、戦術的素養が高いことがうかがえる。武藤の存在は潤滑油としてチームに欠かせぬものになっている。興梠と長年にわたって培ってきた阿吽の呼吸から繰り出すコンビネーションプレーも、浦和の効果的な攻め筋の1つ。むしろ、2人の動き出しで一気に相手ゴールに迫る形は今の浦和になくてはならぬ攻撃パターンだ。

迅速なトランジションから中継地点になることが多いため、武藤がゴールに近い位置や、相手DFの背後でボールを受ける機会は限られてくる。ポゼッションのフェーズに攻撃が移ると、チームとして有効打を与えられる形は少なく、分厚い攻撃で相手を崩すという流れにはなりにくいので、武藤がボックス内でいい形でパスを受ける回数も少ない。独力で局面を変えるタイプでもないので、相手の人数が揃っている状況で決定機を作ることも難しい。

そのため、武藤のシュートチャンスやゴールの数が少なくなるのは道理だが、武藤がチャンスメイク、あるいはその前段階のお膳立てをしているからこそ攻撃が回っているシーンは多い。レオナルドがチーム内得点王にもかかわらずベンチに控え、武藤が8試合連続スタメン起用されているのは、その高い機能性が今のチームに求められるからだろう。

武藤が10月10日の鳥栖戦から興梠の相棒として固定されるようになってから、6試合無敗とチームの成績もついてきた。武藤だけが浮上の要因と言うつもりはないが、結果が出るとともに、チームの方向性も固まっていくなかで、背番号9の果たした役割は決して小さくないはずだ。

むろん、本人は自身のプレーの機能性には手応えを感じる一方で、得点が取れていない現状には決して満足していないだろう。これから劇的にチャンスの回数が増えるとは考えにくいが、もう少しスポットライトの当たる役目が転がり込んできてもバチは当たらない。


文:神谷正明(浦和担当)


明治安田生命J1リーグ 第28節
11月22日(日)16:00KO 埼玉
浦和レッズ vs ガンバ大阪
埼玉スタジアム2002(浦和レッズ)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報