【今治 vs 福島】ついに現れた生粋のドリブラー福田翔生の本質

2020年11月21日(土)


「翔生のプレーには非常に満足している。今季は大変な時期もあったし、けがで落ち込むこともあった。我々は彼を励ますためにいろんなことをしたが、そのおかげもあって最近は良い流れで試合ができるようになっている」

福田翔生のここ最近のプレーぶりにはリュイス プラナグマ ラモス監督も舌を巻く。前期シーズンこそ先発出場は3試合にとどまったが、直近6試合では5試合に先発出場を果たし、存在感も試合ごとに増している。その成長ぶりを見れば、指揮官の頬が緩むのも当然のことだ。

チーム屈指のドリブラーとしても知られる福田だが、これまではそのストロングを生かしきれていなかったと言わねばならない。ドリブラー特有のボールを“持ちすぎる”傾向が強くなり、一見すると独りよがりのプレーに見えてしまうなど、周囲との連係も決して良好とは言えず。徐々に出番は失われていった。

しかし、チームがポゼッショ重視のスタイルからカウンターの要素を織り交ぜたスタイルに変化すると状況は一変。自身が持ち味とするスピードとドリブルが生きる展開が増え、ようやく本来のポテンシャルを発揮し始める。

「毎試合1個以上は決定機を作れている」

自身もそう手応えを感じるが、とりわけここ2試合のパフォーマンスはファンの目を強く引きつけるモノとなっている。
第27節・YS横浜戦では絶妙な裏のスペースへ抜け出すと、エリア内の状況をしっかり確認し、グラウンダーのクロスで鮮やかに先制点を演出。チームが劣勢になりそうな場面では得意のドリブルでボールをキープし、相手の追撃を食い止めるなど献身さも披露した。前節・熊本戦では鋭いインターセプトからドリブルで駆け上がり、相手DFを引きつけたところで満を時して玉城峻吾へラストパスを供給。最終的にレオミネイロがゴールを射止め、2試合連続でゴールへ直結するプレーで輝きを見せている。

「試合を重ねるたびに仕掛けもすごく良くなっている」

アシストも記録し、チャンスメイクへの手応えはすでに十分。残されたタクスはゴールのみである。
これまで福田は何度となく訪れたビッグチャンスを逸してきているが、試合ごとに充実度が増し、逞しく成長する姿を見れば、その日が訪れるのも遠い先の話ではないと容易に想像ができる。


文:松本隆志(今治担当)


明治安田生命J3リーグ 第29節
11月22日(日)13:00KO 夢スタ
FC今治 vs 福島ユナイテッドFC
ありがとうサービス.夢スタジアム(FC今治)
みんなの総合評価 (4.8)
臨場感 (5.0)
アクセス (4.0)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (2.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報