琉球の独特な風が吹く

沖縄に到着し、そのままモノレールでホテルへ。
泊まったホテルの目の前に「奥武山公園陸上競技場」がある。
ここに新しいスタジアム建設が予定されている。
モノレール壺川駅の目の前で、1つ那覇空港寄りの奥武山公園駅からも繋がっている、アクセスは抜群の場所だ。

今日の沖縄は東京や北海道より涼しい。到着した時で28℃、日陰は涼しい。
沖縄出身のJリーグスタッフが勧めてくれた「ジャッキーステーキハウス」という那覇で大人気、庶民派のお店へ向かう。14時半過ぎでさすがに空いていると思いきや、中を覗いてみると待っている人が何人もいる。諦めて、ソーキそば屋さんへ。
このソーキそば屋さんも人気のよう。何しろもう15時近い。
オススメのソーキそばを頂く。こちらも手打ち麺で家庭的な味。大満足。
ランチのあとはホテルで昼の試合をDAZNで観戦。今日は間違いなく、日本全国どこも暑い。むしろ那覇の方が爽やか。ちょうど気持ちが良い天気だ。

そして、タピック県総ひやごんスタジアムに到着。
早速スタジアムグルメをチェック。「タコライス(350円)」と「生ハムとカラフル野菜のサンドウィッチ(500円)」どちらも安い!迷ったあげくサンドウィッチを購入。

新潟からもサポーターがたくさん来ている。今の時期は新潟から那覇への直行便があるようだ。試合アップ中には平川美香さんの「ダイナミック琉球」、迫力のある歌声がスタジアムに流れる。風が強くて、半袖では寒いくらいになってきた。

試合は、琉球が交代出場した上原慎也の劇的なゴールで勝利!
これでホーム29試合連続無敗の新記録を更新した。

タピック県総ひやごんスタジアムには独特の雰囲気、風が流れている。
試合前のアップ中にあれだけ大きな音量で歌手が歌い、スタジアム全体の雰囲気が琉球のリズムになる。夕焼けにゆったりとした風景。

ところがゲームが始まるとアグレッシブな琉球。
11分 富所悠のFKで先制すると、85分 上原が交代出場し、86分にファーストタッチのヘディングで決勝ゴール。西岡大志から上原へのクロス。その時スタジアムの風は上原に合うように流れていた。そしてスローモーションのように叩きつけられたボールはゆっくりゴールネットに吸い込まれていった。

上原はケガでずっと苦しんでいた。
前節の岡山戦で今季初めて出場し、今日が地元で初めての試合。沖縄大から札幌に加入した。沖縄大出身のサッカー選手は珍しかったからよく覚えている。

この日の琉球は、沖縄出身の上里が中盤でリズムを作り、同じく沖縄出身の徳元悠平はアグレッシブに左サイドを駆け上がった。第一子男の子が今朝生まれた徳元。富所のゴールの時のゆりかごパフォーマンスはその徳元、そして倉林社長のところにも赤ちゃんが生まれたばかり。この日のスタジアムの風は琉球に味方していた。

対照的な新潟。ここ2戦3失点で連敗していた。
1人1人は頑張っているがそれが今はうまくつながっていない。
87分に出場した本間至恩はもう少し長い時間見たかった。
次はホームで甲府戦。なんとかチームに勢いを取り戻したい
まずは自分たちの、原点に戻って新潟らしく躍動感のあるプレーが見たい。

2
2019/05/27投稿